2018年06月02日

気の流れの方向性

こんにちは、木龍です。


今回は『気の流れ』の方向性についてみてみたいと思います。



一番良い流れは月干から日干、時干から日干に向って気が流れている状態です。



例えば

日干『甲』の人の月干が『庚』だとします。

この場合、月干が日干を剋しています。


「大きな斧」で「大木」を切り倒すイメージです。

このイメージからみて「凶」の並びとするわけですが、

今回は気の流れをみていきます。


この例の場合、簡単にイメージできるように
気の流れの方向性はハッキリしていますよね。

斧から木です。

つまり月干から日干に向って「気」が流れているということです。


これは一番良い気の流れです。


次に良いのは日干から月干・時干に向かう流れです。

これは先ほどと逆の流れですね。

日干が『庚』月干が『甲』とすると、
日干の斧が月干の大木に向って作用していますよね。

このような状態が日干から月干に向かう状態ということです。


この二つはなぜ流れが良いのかといえば、
気の流れの方向性がはっきりしているからなんです。


次に良いのがきれいな流れのものです。

日干が『丙』月干が『壬』の場合、
丙は太陽、壬は大河です。

太陽が燦燦と大河に降り注いでいます。
これに反応して大河もキラキラと輝いている状態です。

つまり、お互いに作用しあって、きれいになっている状態ですね。

ただし、この『双方向』に向く流れは正反対の場合もあるのです。

例えば
日干が『甲』に対して月干が「辛」だとどうでしょうか。

甲の「大木」に対して、辛の「鋏」では
木も傷つきますが、鋏の刃もボロボロになってしまいます。

このように双方向に悪くなるという流れもあるわけです。
これは「悪い流れ」ということですね。


上の例でいえば、流れの方向がハッキリしているものが良い気の流れです。
また、きれいな流れはその次に良い方向性といえます。


そして「悪い流れ」です。




しかし、実はもっと悪い気の流れがあるのです。

日干『丙』月干『丙』の場合をみてみましょう。

丙は太陽です。


この場合の気の流れの方向性はどうでしょう?





答えは『ありえない』です。


天にふたつの太陽はありませんからあり得ない気の流れになっているわけです。
こういうおかしな状態が最も悪い気の流れというわけです。


ここである人の命式をみてみましょう。
6月1日のTBSテレビ「爆報!THEフライデー【あの人は今・・・緊急大追跡SP】」で
元アイドルの矢方美紀さんが出演されていました。

国民的アイドルグループ AKB48の姉妹グループで名古屋を拠点とするSKE48の元メンバーです。

YakataMiki.jpg

ショートカットの似合うまさに「アイドル」という感じの娘ですね。

まだ、25歳ですが、実は昨年から体調不良となり、乳がんで左乳房全摘出されました。


現在闘病中の方の鑑定をネットに挙げるのはいかがなものかとも思いましたが、
ご本人がTVで公開されていますので、一例として鑑定の一部をみてみることにしました。

yakatameishiki.jpg

先ほど一番悪い気の流れとした『ありえない状態』の
日干『丙』月干『丙』になっていますよね。

さて、この状態の方はみなさん凶運なのでしょうか?



これも違います。


確かに天に二つの太陽はあり得ない状態です。

しかし、矢方美紀さんの場合、
ファンにとっての「太陽」となるというアイドルとしては恵まれているんです。


また、矢方美紀さんは『井宿』ですから、
身体を使わないでいると活力が落ちてしまいがちです。

身体をクタクタになるまで動かすことで「体の毒」が外に出るという特徴があります。

アイドルとしての日々のレッスンやダンスが「毒出し」にもなっていたわけです。


まさにアイドルになるべくして生まれてきた人なのでしょう。


そんな矢方美紀さんですが2017年にSKE48を卒業されました。


ここで、彼女の命式をみてみると

『火』が強すぎて、『土』が不足しています。


つまり五行のバランスが大きく崩れているのです。



yakatanenun.jpg


歳運をみると一昨年、昨年が空亡になっていますね。

つまり空亡の年に新しい道を選んで一歩を踏み出しているわけです。

この自星の空亡は以前も触れたと思いますが
独立したい欲求が強くなりがちです。

さらに元命『敗財』にとっての歳運『敗財』は病気に注意のサインでもあります。



この空亡の2年間は丙・丁と『火』の年です。


つまり五行のバランスがさらに大きく崩れている年の空亡だったわけです。


このような時は大過している五行または不足している五行の病気が発症しやすいのですが

不足している五行「土」の持っている病気の一つが「ガン」なんです。




さて、矢方美紀さんは芸能活動を再開されているようですが、
今年、2018年は『戊戌』つまり「土・土」の年です。

彼女に不足している『土』の五行が巡ってきています。

また、芸能活動をすることで『ふたつの太陽』が悪い流れではなくなっています。


彼女自身の明るさが『もう一つの太陽』になっています。



空亡の年に新しいことに進出するのはよくないと何度かこのブログでも紹介しました。
その危険な時期に新しい一歩を踏み出した彼女なのですが、
今、周りの運気が少しずつ良いものになろうとしています。

まだまだ先の長い闘病期間ですが一日でも早い回復を祈っています。
ラベル:四柱推命
posted by 木龍 at 07:00| Comment(0) | 木龍式運命学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

親族の運気をみる

こんにちは、木龍です。


昨日も言いましたが本当に訃報が続きますよね。


朝丘雪路さんが4月27日に亡くなられました。



昴宿の朝丘さんにとって、4月は月運空亡、
軫宿のこの日は『暗黒日』でした。



朝丘雪路さんは元宝塚歌劇団の娘役、退団後は女優に歌手に大活躍されました。
「11PM」のアシスタントとして出演した際、司会の大橋巨泉さんに「ボイン」
とよばれ、これが胸の大きい人を指す流行語にもなりました。


旭日小綬章も受賞されています。


また、日舞の家元としても活躍されていました。



夫は俳優の津川雅彦さん、娘さんには女優の真由子さんがいます。
このお二人は生年月日が公表されていますね。

津川さんをみてみますと、
この日は「壊宿」という凶日、そして、

『弔客』

という、親族の不幸を暗示する特殊星が出ています。


真由子さんはというと
2017年と2018年の間で北方水運から西方金運に移行しています。
このような時期は『接木運』といい、運気が濁りがちでもあり、
大きな変化のある時期といえます。

そのような時期の月運『弔客』です。
このような並びの時には親族の不幸が起きやすくなります。



ご本人が病気療養中の月運空亡・暗黒日に夫と娘の『弔客』が重なってしまったわけです。

朝丘雪路さんのご冥福をお祈りいたします。



posted by 木龍 at 07:31| Comment(0) | 鑑定実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

澄ちゃんも・・・「若大将のマドンナ」星由里子さんと『安宿』

こんにちは、木龍です。


最近は有名人の訃報ばかりのような気がします。


5月16日に女優・星由里子さんが亡くなられました。


東宝のミス・シンデレラ娘をきっかけに「八重歯のシンデレラ」として
『すずかけの散歩道』で映画デビュー、同時期にデビューした
浜美枝さん、田村奈巳さんと「東宝スリーペット」として人気を博しました。


その後、東宝のゴジラシリーズやNHKの連続テレビ小説「あぐり」、通販番組と
幅広く活躍されていた女優です。


なかでも、星さんといえば、加山雄三さんと共演した「若大将シリーズ」マドンナ
澄ちゃん、中里澄子役でしょう。
最近でも、同年代のファンからは『澄ちゃん!』と声をかけられるとおっしゃっていました。


wakadaisyou.jpeg


星さんは1943年12月6日生まれです。

宿星は『胃宿』になります。

亡くなられた5月16日は『参宿』ですから、
星さんにとって三・九の秘宿の「安宿」にあたります。


さて、今までも何度か有名人の没日の秘宿をみてきましたが、
『暗黒日』や「危宿」のようにまさに危険な日というのがほとんどでした。


星さんの場合は『安』宿です。


この『安』という字が曲者ですね。


六輝(六曜)で『安』がつくのは「大安」ですから、
一般的に「安」がつけばよい日のようなイメージが持たれがちです。

しかし、この『安』は平安の安、安定の安です。

特に「何か良いことがありますよ」という吉日ではないのです。
それどころか精神的には『憂いあり』とされている日なのです。
心配事もありますが、実利面では必ずしも悪日ではなく、金銭に縁がある日です。

さらに、「旅立ちには『吉』」で、移転や造作にもよい日です。




ところが、この「旅立ち」が問題なのです。

重病人などの場合個の旅立ちが「この世からの旅立ち」という
『死を暗示』する場合がある
からなのです。




このように、吉になる面も、凶になる面もありながら、
だいたいは無難な日として安定の「安」の字を使用しているわけです。


実際市販本などには「安定の日」としか書かれていないものもあります。

四柱推命や、西洋占星術などからみると、簡単なように見える宿曜経ですが
三・九の秘宿など実はよく理解されていないものが多いんです。
実占では秘宿は何に吉で、何に凶なのかを理解しなければなりません。


木龍式「開運カレンダー」では、秘宿の一覧表があるので、
何によい日、何に気を付けるべき日というのが一目でわかるようになっています。
ラベル:星由里子
posted by 木龍 at 22:27| Comment(0) | 宿曜経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


無料の宿命鑑定を行っております。
ご希望の方はこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しました。
よろしければバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ


にほんブログ村



四柱推命ランキング

成長因子育毛剤