生活に活かす運命学~引越し

こんにちは、木龍です。 今日は四柱推命から判断する引っ越しについてです。 家の新築移転には 「宅神」 を出していきます。 宅神を導き出すには、まずは月柱の天干をみます。 この天干と干合する「干」を求めます。 例えば月柱が『甲子』だとしましょう。 天干は『甲』です。 『甲』と干合する干は『己』ですね。 次に月柱の地支と冲する地支を求めます。 この例の場合だと『子』途中の関係にあるのは『午』です。 十二支のうちこの『午』の一つ前の支を求めます。 午の前は『巳』ですよね。 これで宅神は『己巳』となります。 以前お話しした『納音』を使います。 宅神『己巳』の納音五行は『木』ですね。 この『木』を剋する、つまり納音『金』の年運の際には 避けるべきなのです。 今年は『戊戌』ですから納音は『木』ですよね。 年運納音と宅神納音が同じ(秘話)ですから普通運です。 つまり年運と宅神が相剋の関係だとよくないのです。 年運と宅神が相生の関係の年は新築移転には良い年です。 そして先ほどの例のように比和の関係なら普通運ということになります。 このほかに命式も判断材料になります。 命式から特殊星「天乙貴人」「天徳貴人」「月徳貴人」、 そして「建禄」となる年、月、日を選ぶと良い…

続きを読む

生活に活かす運命学~入試

こんにちは木龍です。 連日暑い日が続いていますね。 受験生の皆さんはこの夏がまさに正念場ですね。 そのためか、最近受験生の親御さんからの相談が多くなっています。 しかし、占いや運命学では合否の結果を予測することはありません。 一部『卜占』においては、この学校の合否を卜うことはありますが・・・。 たとえ合格率100%という模試判定が出たとしても、 それに安心してその後遊び惚けていれば結果は変わってしまいますよね。 占いも一緒です。 その鑑定結果を受けて「本人」がどう動くかで結果は変わるわけです。 ここで、ある『癸』の人の開運カレンダーの一部をみてみましょう。 来年のセンター試験の日1月19日20日をみてください。 まず、両日ともに日運空亡です。 リズムが変わるときですのでいつもの本調子が出せない可能性が高くなります。 さらに初日の19日には「羅刹日」「不成就日」と凶日であるように見えます。 しかし秘宿をみてみると「成3」つまり「成宿」になっています。 これは「栄宿」に次ぐ大吉日です。 しかもこれはこの方の本命宿から導き出された大吉日です。 それに対して、「羅刹日」『不成就日』は万人に対しての凶日です。 つまり、他の受験生が凶日の中で自分は大吉日であるという状態なわけです。 リラックスして本来の調子を出せればよい結果に結び付きやすくなります。 ここでもう一度赤丸の部…

続きを読む

まんが日本昔ばなしの常田富士男さん逝く!

こんにちは、木龍です。 7月18日常田富士男さんが都内の病院で脳内出血のため亡くなられました。 常田さんといえば、「日本昔ばなし」や「世界・ふしぎ発見!」、「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」 などで活躍された名優です。 今回はこの常田さんの今年の運気をみてみましょう。 『木龍式』では、人の運命をみる際に、「宿曜」のみではみません。 宿曜は『宿命』をみるためのツールです。 宿命と『運命』がどのように絡んでいくかをみるためには四柱推命なども使っていくわけです。 まず、常田さんの宿命をみてみましょう。 常田さんにとって今年の年運は『羅睺』です。 この年回りの時は『大凶』の年です。 本命宿を陵逼し、不幸災難をもたらす星なのです。 そして、この日7月18日というのは『軫宿』の日ですから、 常田さんにとっての秘宿は『命宿』になります。 この日は生命の潮が最も高まるときです。 この『命宿』の日は、本人にとって運命を決めることがかなり起きやすくなります。 良いこともあるのですが、逆にこの日に亡くなる人も多いのです。 歴史上の人物でいえば、徳川家康、新田義貞、吉田松陰、坂本龍馬などが やはり『命宿』の日に亡くなっています。 また、当時の社会党の委員長浅沼稲次郎氏が刺殺されたのもこの「命宿」でした。 ここで四柱推命の命式をみてみましょう。 年…

続きを読む



無料の宿命鑑定を行っております。
ご希望の方はこちらからどうぞ。


本店ブログ

ブログランキングに参加しました。
よろしければバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ


にほんブログ村



四柱推命ランキング