宿曜経の七曜について

こんにちは、木龍です。 最近「宿曜経」に関するお問い合わせのメールが増えています。 なかでも、「七曜」に関するものが多いので、簡単に回答していきたいと思います。 〇「七曜」ってあのカレンダーの曜日のことですか? >その通りです。日曜、月曜、火曜・・、土曜というあの曜日のことです。 というより、この質問をされた方は、あんな単なる『曜日』で占うなんて…という気持ちがあるんじゃないかと思います。 宿曜経は旧暦つまり月の運行を基準にしています。月は朔から、上弦、満月、下限、新月と変化していきますが、その間隔は約7日です。 この月から日という一週間の曜日はそれに合致しているんです。 そして満月や新月といった月の満ち欠けが自然界や人間の精神に及ぼす影響が大きいことはご存知の通りです。 カレンダー上の『曜日』というのは西洋で生まれたもののようです。とするとこちらは月の満ち欠けではなく聖書などが起源かもしれません。 しかし、たまたま月の満ち欠けと合致したためにこの「日・月・火…」という言葉を使っているのだと思います。 平安時代に弘法大師空海が『曜』という言葉を日本に持ち帰ってきたわけですが、初めて「七曜暦」が作られたのが享保年間の覚勝によるものです。つまりそれまでは単なるカレンダーの曜日どころかもっと深い意味でしか用いられていなかったのが「七曜」なのです。 今に至るまで使用されている七曜ですが、現代人はその本当の使い方を知らないだけなんです。知らないだけで、その…

続きを読む

宿曜経と四柱推命どちらの鑑定結果を重視すべきか

こんにちは、木龍です。 また、メールでのお問い合わせに対する回答になります。 恋愛に関して、「宿曜経の相性と、四柱推命の相性が全く正反対なのですが、どう判断すればよいのでしょうか?」という内容の質問です。 まず、ここで問題となるのは『相性』という言葉自体です。 一般的に相手と気が合い、互いに仲が良かったりすると『相性がいい』という言い方をします。でも宿曜経ではこの解釈は通用しません。例えば最大の凶となる『安・壊の関係』であっても魅かれあうことはあるのです。というよりも、『安・壊の関係』だからこそ魅かれあう関係もあるのです。気が合い、男女であれば愛し合っているという場合であっても、「愛情」とは別に「凶運」が作用してしまうのが『安・壊の関係』なのです。 つまり、『相性』と『感情』は別物なのです。 これに対して、四柱推命では、命式から「性格の相性」「愛情(肉体)の相性」「協調性の相性」、空亡から「運勢の波の相性」などをみていきます。これは「凶運」が作用するとかという組み合わせではありません。ですから、性格も愛情も協調性も相性の良い最高の人と結婚しても凶運になるという場合があるわけです。 なので、「どんな苦労を背負っても、あるいは背負わせても、一緒にいられれば幸せ」という場合は四柱推命の判定を重視してもよいでしょう。 ただ、宿曜の凶は自分にというよりも家にかかることも多いので、『背負わせても』というのは相手はもちろん自分たちの子供にもという意味になり…

続きを読む

安室奈美恵さんの宿星

こんにちは、木龍です。 歌手の安室奈美恵さんが9月16日をもって引退しました。 安室奈美恵さんといえば「アムラー」現象まで引き起こしたカリスマ的歌姫、 10代、20代、30代、40代と4年代連続でオリコン1位に輝いた唯一の女性アーティストです。 安室さんの本命宿は「斗宿」です。 この宿はどういうものかをみてみましょう。 この宿の人は理想が高く、普通の人とはちょっと違った自分独自の世界を思い描いていて、 『カリスマ』的な要素もかなりあります。 宿曜の星は4本の足を持っています。 斗宿はその4本のうち3本が、『磨宮』に属しています。 この磨宮というのは『闘争』を司っていますから、内心は負けず嫌いで競争心も激しいです。 しかも、強いライバルが出れば、さらに力を増していきます。 技能もあり、物事を達成していく力はあるのですが、世渡りはうまくありません。 なかなか本心は明かしませんが、辛抱強く自分を守り続け、息長く幸運をつかんでいくタイプです。 しかも『賢良と結び交わる』と原典にあるように優れた人によって引き立てられる天運を持っています。 このような運を持っているだけに、広く大衆を相手にした仕事、政治家、芸能界、宗教などに向いている星です。 元々芸能界にも向いているし、カリスマになる素質もあったんですね。 実際安室さんは沖縄アクターズスクールに見学に行った際マキノ校長からスカウトされています。 授…

続きを読む



無料の宿命鑑定を行っております。
ご希望の方はこちらからどうぞ。


本店ブログ

ブログランキングに参加しました。
よろしければバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ


にほんブログ村



四柱推命ランキング